dot同人活動について

dot委託店
dotアイテムの説明

dot注文方法
dot支払い&送料

dot新規&挫禁まとめ

dotステッカー系

dotステッカー系以外

dot絶版品

dotレジン製完成品


 ●偽金印・なねにぬねのなの国王


photo

本物の金印の「漢委奴国王」(かんのわのなのこくおう)を見ると「の」がやたらと登場するのが目に付きます。そこから生まれたのが、この莫迦金印 「那禰仁奴年乃七能国王」(なねにぬねのなのこくおう)です←発声練習か何かですか?
 本物の金印は、上部のヒモを通す穴がある「紐(ちゅう)」の部分がとぐろを巻いた蛇をかたどった「蛇紐(だちゅう)」になっていますが、この莫迦金印は「鰻紐(うなちゅう)」になっています←パチモン街道まっしぐら。また本物の約1・8倍の大きさ(約4cm角)に拡大しています。
 押印できない事もありませんが、あまり綺麗に押せません。どちらかと言うと実物を見て脱力するための物です。ま、早い話が、何の役にも立ちません。あきらめて下さい。
 現行品は実は第2版だったりします。現行品は1パーツ+穴あけで作っていますが、初版は本体と紐部分の2パーツを接着して作る方式でした。


  • サイズ
     約4cm角

  • 仕様
    レジンキャスト・塗装済み・箱入付き


 ●防犯用蛍光カラーボール・死球版


photo

 銀行の窓口などに強盗犯へのマーキング用に置いてある蛍光顔料粉末入りカラーボールのデッドボール版です。中身の蛍光顔料ではなく、犯人の体の内部から出る赤い液体をマーキングに利用します。…って、あくまで冗談の産物ですので実際に使用しない様に!

 試作品では、インテリア用南部鉄製鎖玉を蛍光塗料で着色してみましたが、コストと製作の手間の事を考えてボツ。初版は蛍光顔料で着色したクリアレジンで釣り用の40号オモリを封入注型して作っていましたが、顔料を混合したせい(?)でクリアレジンにヒビが入りやすくなる事が発覚したので、現行品の第2版では通常のレジンに切り替えました。もうちょっと言うと、初版から第2版の移行期に、通常レジンを蛍光塗料で塗装した1.5版もあったりします。

 右下に「偽」説明書がありますが、あくまで冗談ですので、本気にしないで下さい。何故「4」が無いのか聞かないで下さい。最後の「5」のオチが解らない人は梶井基次郎の「櫻の樹の下には」を読んで下さい。


item_img
  • サイズ
    ボール部分 φ46mm トゲを含めるとφ66mm
    重さ 約200g(40号オモリ封入)
  • 素材
    着色レジンキャスト+鉛



 ●バーゲン争奪戦用手提げホルダー・メタル版


photo

 前々から持った感じが似ているなぁと思っていた「手提げホルダー」と「メリケンサック」を合体させた物。これ持ったオバチャン達がバーゲンセール品に群がりつつ死闘を繰り広げ、最後に勝ち残った者が「オバチャン・ザ・オバチャン」の称号を手に入れる事が出来る〜てな話を妄想した結果こう言う名前になりました。

 当初はレジンキャスト製だったので、実際に使う(勿論荷物持ち用ですよ)にはやや強度が足りませんでしたが、2010年夏から低融点金属(減摩合金2種)で作るようになり、実際の使用(何度も言いますが荷物持ち用ですよ)にも十分耐えられる物になりました。

 磨き具合に個体差があったり、鋳巣などの粗が目立ちますが、歴戦の傷だと思って多めに見てください。


  • サイズ
    142×72×10mm
    重さ 約320g
  • 仕様
    減摩合金(2種・鉛フリー)製
    片面にのみ「まいどありがとうございます」の刻印


 ●二宮金次第損得立像


photo

 背中に金塊を担ぎ通帳を見ながらほくそ笑む、二宮金次郎のダークサイドバージョン。構想6年、製作3ヶ月の当工房初の人型フィギュア。像自体の高さは約10.5cm、台座を含めると約12cm…おそらく1/12スケールぐらいです。実物に換算すると、背中の金塊1つが約30kg、6つで約180kgぐらいになる計算になります…少年でありながら、それを軽々と担いで笑みをこぼすとは恐るべし守銭奴パワー。

 色が何が良いのか解らなかったので、3色つくってみました。台座は、染料を流し染めして大理石調に仕上げてありますので、模様にはかなりバラつきがあります。

 「ボロは着てても心はアコギ」を座右の銘に、金運招福・商売繁盛の守り神として、店頭や玄関に置くと、普段と変わらない平凡な日々が続くでしょう。←ご利益は無いんかい!


  • サイズ
    像部分のみ 高さ約105mm
    全体(台座も含む) 高さ約120mm
  • 仕様
    レジンキャスト製・塗装済み完成品
    色は赤銅・青銅・黄銅の3種


 ●メモ止めマグネット


photo

 冷蔵庫などの鉄部にメモ等を留めるマグネット。アフリカで見られる特殊な形状の投げナイフを模していて、あたかも刺さっている様に見えるのが特徴。


  • サイズ
    60×70×10mm

  • 仕様
    レジンキャスト
    ネオジウム磁石φ5×5mm×2個(吸着力0.6kg×2)
    塗装済み完成品



 ●カムチャッカマン


photo

 カムチャッカ半島とチャッカマンを組み合わせた全く新しい…いや何でもないです。以前武装商店のホワイトデー企画用に製作した物とほぼ同じです。架空製品に掲載している試作版では角ばっていましたが、製品版(?)で全体的に丸くなっており、持ち易さがさらにアップしています。
 中にチャッカマンを挟み込んでネジ止めする方式になっており、、引き金のロック、火力調整つまみ、ガス残量確認窓などのチャッカマンに備わっている機能はそのまま使えます。チャッカマン自体が使いきりタイプでガスの補充機能はないので、ガスが切れたらチャッカマンごと交換して下さい。一応、カラーレジンで作っているので最初から赤い色がついていますが、カムチャッカ半島の一般的な色のイメージがよく解らないので、色味が気に入らなければ各自で好きな色を塗って下さい。
 なお、チャッカマンとロシアは不用意に扱うと大変危険なので取り扱いには十分注意して下さい。


  • サイズ
    253×68×34mm(チャッカマンに装着時)

  • 仕様
    赤色カラーレジン製完成品
    東海チャッカマンを内蔵
    ロック・火力調整・ガス残量確認可
    ガス補充はチャッカマンごと交換


 ●巴マミUSBメモリ


photo
photo

 まどかマギカのマミさんをモチーフにしたUSBメモリ。同じ事を考えられた方も何人か居られたみたいですが、まぁハッピーアイスクリームって事で。キャップがリバーシブルになっていて、例のシーンが単体で再現できる所がウチのオリジナルですかね。
 元々は武装商店へ在庫集計用ファイルを渡す為に作った物です。その時に作ったプロトタイプは紆余曲折を経て最終的に虚淵氏の手に渡ったとかナントカって噂を聞きましたが、詳細は不明です。
 まぁそんなこんなで評判が良かったので、イベント頒布用に幾つか製作しました。外注ものではなく、USBメモリ部分以外はすべて自作で、絵柄はシールではなくて樹脂に直接印刷しています。
 Ver.1〜2では0.5mm程度のモールドが入ったレジンに印刷してたので2.1〜2.2次元ぐらいかな? 印刷時の位置合わせがとにかく面倒くさかったので、Ver.3ではモールドのない塩ビ板にに印刷した後上から透明塩ビ板を張り合わせて切り抜く方式に変更しましたが、製作工程はかえって複雑になりました。
 とにかく作るのにものすごく手間がかかるので再販は困難です。作ってると次第に体力もSAN値が下がっていくので、当工房内では「マミさんの呪い」として恐れられています…正直もう作りたく無いのですよ。


  • サイズ
    81×65×12mm(キャップ装着時)
    USBメモリ容量:4GB→8GB(Ver.3)
    (GREEN HOUSE GH-UFD4GN→8GN)

  • 仕様
    レジンキャスト製塗装済完成品→塩ビ製完成品(Ver.3)
    両面リバーシブル印刷(マミられ→変身解除が再現可能)


 ●提供メガネ


photo


photo

 目の部分に「提供」の文字が入る眼鏡。詳しくは「架空製品・提供メガネ」のページをご覧ください。
 以前ワンフェスで展示用に作っていた物はフレームがクリアのプラスチック製でしたが、それだとコストが高くなるので、量産型では金属製のフレームに変更しました。作った時期によって文字部分の形状が若干違っていますが、基本的な構造は大体同じです。
 「提供」の文字の隙間から前を覗くことになるので、かなり前を見るのが困難です。ウケ狙い以外に実用性はありません。その辺りはご了承ください。

 使用していたフレーム(シルバー・ゴールド・ブロンズ)が絶版になった事に伴って、2016年夏頃から新フレームに変更し、フレームカラーがシルバー・ゴールドの2種類のみになりました。旧フレームとは色味が若干違いますので、ご注意ください。

photo
 市販の老眼鏡フレームをベースに使っているせいか、素の状態ではやや小顔向けの形状になってます。各自でフレームを曲げて顔に合う様にフッティングして下さい。その際はプラスチックパーツを割らない様に金属パーツのみを慎重に曲げる様に気を付けてください。



 2013年夏からクリップ式の物も作り始めました。サングラスなどで良く見かける、お手持ちの眼鏡にクリップでワンタッチで止められて、使わない時はハネ上げておけます。
photo


  • サイズ
    通常タイプ:43×160×135mm
    クリップ式:55×110×13mm
  • 仕様
    フレーム:通常タイプ…銅合金+メッキ(シルバー・ゴールド・ブロンズの3種類)
         クリップ式…銅合金+メッキ・カラーはブラックのみ レンズ部分:2mm厚塩ビ板→アクリル板(2013年春より)
    文字部分:白塩ビステッカーと同じ